2013年6月26日水曜日

やっぱり必要!!docomo運用のSIMフリーiPhone5でiモードメール利用を再開




キャリアメールなど時代遅れ!!不要!!と思い切って解約したのは
いいものの,やはり未だに必要なシーンは多々あることを痛感。

という訳で,docomo回線で利用しているSIMフリーiPhone5で再び
iモードメールの運用を再開しました。

ドコモショップに行き,iモードおよびiモード.netを再契約。

僕がiモード,iモード.netを解約したのは2013/4/23。

以前使っていたアドレスが再取得できるかどうか聞いてみたところ

「半年間はメールアドレスを保管してあるので再取得可能です。
お客様のiモード端末から以前使用していたアドレスを再取得して
下さい」

とのこと。一安心。ちなみに以前のメアドが再取得不可の場合は契約
しないつもりでした。

ではさっそく作業開始。

1.docomo SIMをiモード対応端末に挿入し,iモードメールが受信可能な
 状態にする。


2.PC等のブラウザからiモード.netにアクセス。


3.docomo IDおよびパスワードを入力してログイン。


 僕の場合はdocomo IDとパスワードはiモード,iモード.net契約時
 に再発行されました。

 今まで使っていたやつがあったのに...なので,My docomoから以前
 使っていたdocomo IDとパスワードを再設定するハメに。めんどい。

4.iモード.netにログイン後,「ワンタイムパスワードを取得する」
 をクリック。



 docomo SIMを挿入したiモード対応端末にワンタイムパスワードが記載
されたiモードメールが送信されてきます。

4.iモード.netご本人確認画面にワンタイムパスワードを入力し,確認を
 クリック。

※次回ご利用からワンタイムパスワードでのご本人確認を利用しないを

 選択しておくこと


以上でiモード.netの設定は終了。PCやiPhoneのブラウザからiモードメールの送受信
が可能な状態になりました。

僕の場合はiモードメールアドレスが無作為の文字列になっていたので,iモード
対応端末からメアドを以前使っていたものに変更しました。

これで終了。SIMをiPhone5に挿入します。

iPhone5に以前愛用していたiモードメール送受信用アプリ,iMoGetterを再度
インストール。


iMoGetter App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥250


これで再びSIMフリーiPhone5でiモードメールが利用できる状態になりました。

脱キャリアメールは時期尚早でした。ちょっと反省しています。

    

関連記事

•iモードを解約後のSIMフリーiPhone5運用コスト【docomo】
•docomoでSIMフリーiPhoneその5【iモードメールアプリ】
•docomoでSIMフリーiPhoneその4【iモードメール】
•僕がSIMフリーiPhoneをdocomo運用する理由


0 件のコメント:

コメントを投稿